横山石油株式会社

お問い合わせ先
求人情報

リフォーム事例

エネルギー屋として、
安心・安全・安定・供給に努めたい。
古い会社だけど、
新しいことに挑戦する社員を応援したい。
使い古された言葉だけど、
お客様の役に立ち、地域に住まう方の役に立つ
会社であり続けたい。
最近そんなことをおもってます...

代表写真 代表取締役 横山圭介

「Yes」に込められた意味

私ども横山石油は、大正2年(1932)、当時、岡山市の物流の中心であった現在の京橋町(当時舟着町)で、船舶用重油・車軸油・灯油をメインに石油業を始めて以来、100年以上もの長きに渡ってご愛顧いただいております。それは、石油業の傍ら、社会福祉活動にも力を注ぎ、人との輪を大切にしてきた先代の精神が、地域の皆様方に受け入れられたからではないかと考えております。私どもが掲げている「Yes」とは、これまでの、こうした伝統的な精神を受け継いだものです。つまり、「横山石油とその社員や家族、そしてお客さまのと共存、共栄」という企業理念を分かりやすく集約したもの、それが「Yes」なのです。



横山石油の事業展開

横山石油は、エネルギー事業・ライフ事業・車両販売買取事業・車検整備事業の4本柱でお客さまの快適なライフスタイルをサポートしています。時代の変化とともに多様化するお客さまのニーズに対応し、エネルギーを軸に住まいのトータルプロデュースへ、またカーライフのトータルサービスへと拡大して参りました。特に、新事業の「YESカーオークション・ダイレクト」は、横山石油のオリジナルブランドとしてスタートした画期的な車販売システムです。これはまさに、お客さまのためによりよいものを安く提供したいという、「Yes」の理念のもとに生まれた新事業です。更に個人向けカーリース「Yes!7」は、全く新しい車の乗り方をご提案する横山石油の新しい「Yes」です。



横山石油の経営資源

 横山石油の中心となる経営資源は、なんと言っても「ヒト」です。個性豊かな集団であると同時に、自ら考えて行動できる提案型の集団形成を目指しています。店舗を構えていれば収益があがっていた時代は終焉を迎え、どうしたら地域に密着した一番店になれるのかを常に考え、挑戦して参りました。我々の企業理念のなかのキーワードである「ナンバーワン、オンリーワン」は、提案型の集団だからこそ掲げられた理念でもあるのです。

コメント


会社概要
社名
横山石油株式会社
本社所在地
〒700-0831 岡山県岡山市北区京橋町12番8号
電話番号
086-223-8231(代)
創業
大正2年12月
設立
昭和27年12月
代表者
代表取締役社長 横山圭介
従業員数
150名(2015年7月)
資本金
2,042万円
売上高
213億円(2015年7月)
決算期
年1回(7月31日)
営業内容
石油製品及び油脂類90%、LPガス設備機器10%
主要設備
給油所 8カ所/油槽所石油タンク 12基/LPガス充填タンク 2基/車検工場 2カ所



歴史

 明治の頃、岡山県北の門前町である福岡村で商いをしていた横山松三郎(現会長の祖父)が上之町(現岡山市表町)へ居を移し、小門物屋を始める。 大正2年(1913年)、船着町(現岡山京橋町)にあった「第二十二国立銀行」跡地にて、「横山石油店」を創業。以来、90年余りに至る「横山石油」の歴史は、岡山の商業の歴史とともに今も刻まれています。

お正月に社員と記念撮影(昭和33年1月1日)

『ぼっこう横町』(出版:夕刊新聞社/編集:日本文教出版株式会社)に、当時の様子とともに横山松三郎の小間物屋が紹介されています。

新しい町づくりに、一致協力してた上之町は、西郷隆盛の明治十年戦争以降は、しだいに、面目をあらためて来て、昔に劣らぬ繁栄を、とりもどすようになった。しか夫(それ)は、特権頭町的老舗町にかわって、小さい店…、と言って、前に比較してだが、とにかく、小売商店が軒をならべる、自由競争的新市街が、出現したのである。明治二十六年発行の『岡山鏡』(商業案内)を見ると、その全貌が、よく窺われる。 「足袋」 森百三、岩田平三郎、福井与吉 「小間物」 西崎金平、池上嘉平、武波明三、横山松三郎、藤原一太郎、梅田熊吉

P.74「七十年前の上之町」の一部抜粋

大正2年(1913年)

横山石油店開業

  当時、岡山市の物流拠点として賑わった船着町(現京橋町)で創業。 発着する舟の燃料販売を主たる業務とし、馬車の車軸に注す潤滑油や灯油、食用油、ロープやランプなどの船具も販売。瀬戸内の島々に舟で油を運んだりもしていた。

電動計量器導入当時の店舗の様子(昭和30年代)

昭和20年(1945年)~24年(1949年)頃

岡山空襲~自動車への給油スタート

 昭和20年6月29日の岡山空襲で、岡山市街地は焼け野原に。社屋も戦災にあったが、郊外に設置していた舟の重油を貯蔵するタンクは戦災を逃れ、それをもとに翌年から商売を再開。昭和24年頃からは手回しの計量器を使い、自動車への給油業務を始める。

戦後まもなく自動車への給油業務を開始

昭和32年1月(1957年)

2号店を開設

岡山市大雲寺に2号店を開設、電動計量器を導入。

開店当初の2号店

昭和37年12月(1962年)

株式会社化し社名変更

会社を株式会社化し、社名を「株式会社横山石油店」に変更。

当時の京橋付近の様子

横山石油
横山石油


f_logo.png


石油会社を装った悪質な石油会社サイトが増えてます。 弊社では、ネットでの無料査定など行っていませんので、ご注意ください。


f_logo.png

石油会社を装った悪質な石油会社サイトが増えてます。 弊社では、ネットでの無料査定など行っていませんので、ご注意ください。

ページトップへ戻る

f_logo.png